Last 1 Hour
退社前の1時間で書けるだけのコラム


SFメトロカードに怒る

病後、静養を兼ねて週に2日は在宅勤務としてもらっている(理解のある会社で助かってます>社長)。そうなると、定期を買うと返って割高なのでいちいち切符を買っているのだが、これも小銭が必要で困る。

そこで普通に考えると、回数券かIOカードやSFメトロカードのような切符売場を通らなくて良いようなものを使うべきなのだが、私は西武線沿線(西武線にはIOカードのような自動改札に直接通せるプリペイドカードがない)で、かつ有楽町線直通を使う(2会社にまたがった回数券はない)のでどちらも利用できないのである。

残る選択肢は、普通のプリペイドカードで毎回改札で買うか、複数の路線の回数券を別々に買うかなのである。で、複数の路線を複数買っても、池袋で直接乗り換えたい場合に使い勝手が悪いので、結論は普通のプリペイドカードを選択した。

これは使い勝手を最大限まで譲歩した選択のはずだった.......

なのにである。市ヶ谷の有楽町線の自動券売機(西武線への乗り継ぎができるもの)には次のようなシールがはってあるのだ。「この販売機はSFメトロカードは利用できません」と。

少し解説が必要だろう。実は、地下鉄には、SFメトロカードの前に「メトロカード」という自動改札に直接通せない───つまり普通のプリペイドカードを発売していた。当然これに対応した自動券売機もたくさん導入されたのだが、SFメトロカードは上位互換性がないらしくこれでは使うことができない。

まーここまでは理解できる。問題はこれからだ。そこで、どうせ直接自動改札に通しても西武線には乗り継げないのだから(出口での調整も実は困難なのです)、その旧式の「メトロカード」を買おうと思った。駅員の答えはこうである。

「今はSFメトロカードしか売っていません」

つまり、地下鉄の改札には「今は売っていないプリペイドカードにしか対応していない券売機」を設置してあるのだ。

どういうことだこれは!!!!西武線に乗り継ぐ奴は、回数券も使えなければ、プリペイドカードも使えない。じゃらじゃら小銭を用意しろってことかーーーーーーー(ちなみに、別のユーザーによると東武乗り継ぎにも使えないという話もあり。こちらは未確認)。

だいたい、SFメトロカードではいって西武線に乗り継ぐと改札で「こまるんだよねーーー。一応差額もらっとくけど必ず『地下鉄の改札で』データをきれいにしといてね。そうしないと使えないから」とか文句を言われるのである。入れるのに出れないカードとはこれいかにである。この点は西武線だけでなくほかの乗り継ぎ線でも同じはずだ。まー、自動改札の導入時期が同じでないからカードに互換性がないのは分かるとして、乗り継ぎ利用客もいるんだから「SFカード対応清算機」ぐらい置いてもいいんじゃないでしょうか?

ひょっとしたら、デジタル定期券とか、デジタルプリペイドカードとか導入して一気にシステムの入れ替えをするつもりかもしれないが、その前に相互乗り入れ対応の清算機ぐらい置いてくれ。なにしろ、SFメトロカードとかIOカードとかはどんなに高額でも「割安」にはならないのだ。前払いしている以上、いくら低金利とはいえあぶく銭が存在しているはずなのだから。


<< Top Prev>