ホームページマガジンNETトップへ
ソフトウェア講座 > LiveMotion日本語版 先取りレビュー

LiveMotion日本語版先取りレビュー

 5月23日にアドビのWebオーサリングソフト「LiveMotion日本語版」が発表されました。これから4回にわたり、LiveMotionについてWebデザイナーとして活躍する小野祐輔さんに解説してもらいます。
 

LiveMotion

 最近、Flashの仕事が多くなってきました。Flashを評価する声を多く耳にするようになってきましたし、実際にWeb上でも目にする機会が増えたなと思います。
 5月23日に発表されたAdobe LiveMotion日本語版は、Flashファイルを書き出すことができるWebオーサリングソフトとして注目を集めています。見栄えのするサイトや動きのあるサイトを作りたい思っている人にとって、Adobe LiveMotionは容易にFlashファイル(.swf)を製作でき、またWebそのものを「デザイン」することも可能にする、たいへん便利なソフトになるでしょう。
 このコーナーでは4回に分けて、LiveMotionのどういった点が使いやすいのかを解説していきます。

レポート:小野祐輔

小野祐輔
1971年生まれ。PV制作事務所、デザイン事務所でディレクター兼デザイナーとして働き、今春から独立してSCRAP DESIGNを設立。Web製作を中心に活動中。仕事の半分はFlashコンテンツの製作。主なFlash作品に、相川七瀬Official Website、NHKオンライン放送局、AOLスクリーンセーバー、KOSE Fasioスクリーンセーバーなどがある。
※なお、LiveMotionの詳細については、速報! アドビのWebオーサリングソフト『LiveMotion』」か、AdobeのLiveMotionサイトをご覧ください。

 第1回:LiveMotionのペンツールとパレット(5月26日)
……LiveMotionにはPhotoshopやIllustratorと同じようなメニューやオプション、パレットがあり、さまざまな機能を備えています。今回はツールメニューとパレットについて解説します。

 第2回:LiveMotion特有の機能(6月2日)
……前回はツール、パレットの解説をしましたが、みなさんがいちばん気になるのは「LiveMotionがどのくらい使えるソフトなのか」という部分でしょう。そこで2回目となる今回は、LiveMotion特有の機能について解説していきます。

 第3回:タイムラインでアニメーション作り(6月9日)
……3回目となる今回は、いよいよアニメーションを作成します。アニメーション作りでいちばん重要なことは、タイムラインの使い方を覚えることです。

 最終回:LiveMotionでWebデザイン自由自在(6月16日)
……最終回の今回は、いよいよLiveMotionで実際にインタラクティブなページをデザインし、HTMLに書き出すまでのプロセスを解説します。ぜひこれまでの機能を応用して、自分好みのデザインを作成してみてください。


 関連記事
  速報! アドビのWebオーサリングソフト「LiveMotion」(4月21日)



トップページへ


Copyright (c) Impress Corporation, Japan. 1995-2000 All rights reserved.
hpmag@impress.co.jp