[Q]日ごろNetscape Communicator 4.0を使っていますが、付属メールソフトの「メールサーバーの設定」に、POP3のほかにIMAPというのがありました。
 いったいIMAPとは、どのようなものなのでしょうか? POP3とはどう違うのでしょうか。

(熊本県 飯倉光男)

[A]IMAPというのはPOPに代わるメール受信用の新しいプロトコルですが、最近の主要なメールソフトを調べてみると、たしかにIMAPに対応したものが増えてきています。たとえば、Netscape Communicator 4.0、Microsoft Outlook Express、Winbiff v2.0、AIR MAIL V2.0などです。
 POP、IMAPともに、メールサーバーに保管されているメールを読むという基本的な機能は共通していますが、それぞれに特徴を持っています。

 まずはPOPですが、正確には、POP3(RFC1939)を示します。POPは基本的に、メールサーバーからメールを読むだけのプロトコルです。POPサーバーはPOPクライアントであるメールソフトからの接続に対し、ユーザー認証を行なったのちに、ユーザーのメールボックスへのアクセスを許可します。
 ユーザー認証後のPOPクライアントが利用可能なサービスとしては、メールボックスの一覧、メールの転送などが挙げられますが、基本的にはメールはすべてクライアントに転送してからクライアント側のメールソフトにその後の処理が委ねられます。高機能なPOPサーバーでは、メールサーバーにメールを残しておいた状態で、いくつか新着メールが届いても、新着メールだけをクライアントに転送する機能を持っています。さらにインターネットのセキュリティが騒がれる昨今では、ユーザー認証をより安全に機能拡張したAPOPや、メールを受けるだけではなく、送る機能を持ったPOPサーバーも登場しています。

Netscape Communicator 4.0のメールサーバー設定画面。POP3とIMAPを選択でき、メールのフォルダ管理などにも対応する。
Microsoft Outlook Expressのプロパティ画面。受信メールサーバーとして、POPに加えてIMAPを選択できる
 続いてIMAPですが、ここでは、IMAP4 Rev1プロトコル(RFC2060)を前提に説明します。IMAPを利用するには、POPの場合と同様に、IMAPに対応するメールサーバーとメールクライアントソフトが必要です。
 IMAPのもっとも大きな特徴は、メールを読むだけではなく、メールを検索することやフォルダの管理ができることです。このくらいならばPOP対応のメールソフトでも可能だと思われるかもしれませんが、POPとの大きな違いは、メールボックスをメールサーバーに置いたままこれらの機能が利用できることです。ほかには、共有メールフォルダ機能があり、グループ内でのメールの回覧などの用途に利用することができます。

 最後に、POPとIMAPの比較検討をしてみたいと思います。POPがクライアント主導型なのに対し、IMAPはサーバー主導型といえます。IMAPサーバーはその性格上、同時に複数のアクセスが発生します。ここまではPOPでも同様なのですが、IMAPではクライアントからのメールの検索やフォルダ管理などにも対応しなければいけませんので、POPよりも高い計算処理能力を求められます。さらに、IMAPではユーザーのメールボックスをサーバーに保管するため、POPよりも多くのディスク容量を必要とします。つまり、IMAPはPOPよりも多くのリソースが必要なサービスといえます。しかし、IMAPは、メールボックスをメールサーバーに置くことによって、ユーザーがどのクライアントマシンからアクセスしても、いつも同じメールボックスを提供することができます。たとえば、職場(学校)、出先、自宅などで異なるパソコンを使っていても、同じメールボックスを利用することができるというわけです。ちなみに、POPの場合、メールをメールサーバーに保存する設定を利用すれば異なる場所でも同じメールを読むことはできますが、未読管理はクライアントソフトに任されますので、同じメールをいくどとなく読まされることになります。また、メールをフォルダに仕分けする作業も、すべてクライアント側で行なわなければいけません。このような問題はIMAPを利用すれば一挙に解決します。

 以上のように、IMAPは異なる場所でメールサーバーにアクセスしたり、ひとりで何台ものパソコンを利用している方にはとても有益です。ただし、現状では、クライアントソフトが異なるとメールフォルダの管理がまちまちで、うまくメールを管理できない場合があります。おそらくIMAPが普及するにつれて解決する問題だとは思いますが、もう少し時間が必要だと思われます。また、IMAPの持つすべての機能をIMAP対応のメールソフトが使いこなしているわけではないので、導入するときは注意が必要です。

 今後は、メールボックスを管理するサーバー機能として、POPに代わってIMAPが利用されるケースが多くなっていくと思われます。また、IMAPにはメールだけでなくネットニュースやディレクトリサービスなどとの連動という魅力的な機能もあります。しかし、まだクライアントソフトが充実していませんので、現状POPでこと足りているならば、あえて移行する必要はないでしょう。メールサーバーにIMAPを導入しようとお考えの方は、それぞれの環境やメールクライアントソフトの機能を、よく吟味してからでも決して遅くないと思います。ちなみに、いちはやくIMAPに対応した定番メールソフトWinBiffの開発元オレンジソフトではIMAPに関する情報を集めたホームページ(http://imap4.orangesoft.co.jp/)を開設していますので、参考にされるとよいかもしれません。


(相川成周)

[MENU] [PREVIOUS] [MENU]