FILE 01
DOS/V POWER REPORT  Q&A COLLECTION
2002
6月号

[Q]

160GBのHDDを購入したのですが、Windows XP上からうまく認識されません。マザーボードにはGIGA-BYTEのGA-6OXETを使用していますが、どうしたら使えるようになるのでしょうか?

(長田正也さん)

[A]

 

160GBのHDDを認識できない(正しくは137GB以上の容量を認識できない)のは、使っているPC側のIDEインターフェースが160GBという容量のHDDに対応していないためです。

 現在、市場に出ている137GB以上の容量を持つHDDには、MaxtorのDiamondMax D540X 4G160J8(160GB)がありますが、従来のPCでは、このHDDの137GBより上の容量をWindowsやBIOS上で認識できないことがあります

 これまでにもIDEでは、その規格上の問題、あるいはソフトウェアやハードウェア上の問題から、HDDの持つ本来の記憶容量を正しく認識できない「容量の壁」と呼ばれる制約が何度か発生しました(表1-1参照)。今回の137GBの壁もその一つです。

表1-1 主な容量の壁
容量の壁
要因
528MB
BIOSとIDE HDDのCHS(Cylinder、Head、Sector)パラメータの食い違い
2.1GB
OSのファイルシステム(FAT16)の仕様による限界※
4.2GB
拡張BIOS(Int13H Extension)で、CHSパラメータを使用していたことによる制限
8.4GB
拡張BIOS(Int13H Extension)で、LBAパラメータを使用していたことによる制限
33GB
一部BIOSにおいて発生したCHS/LBA変換上のトラブル
137GB
IDE HDDのセクタ指定パラメータ(LBA)のサイズによる限界
※Windows Me/98/95でFAT16を使用した場合。Windows XP/2000/NTの場合は4.2GB

 質問にあるIntel 815EPチップセットを搭載したGIGA-BYTE「GA-6OXET」の場合、137GB以上のHDDを認識できるF9以降のバージョンのBIOSを導入し、IntelがWebサイト上で無償配布しているユーティリティソフト「Intel Application Accelerator」(Windows NT以外では、Intel Chipset Software Installation Utilityを先にインストールする必要があります)をインストールすることで、対応ドライバが組み込まれ、BIOSとWindowsから137GB以上のHDDを正しく認識することができます。これにより、Windows上から、160GBのドライブとして扱うことができるようになります。

 

図1-1
Big Drivesに対応した、160GBの大容量HDD、Maxtor「DiamondMax D540X 4G160J8」(実売価格3万1,000円前後)
(株)シネックス E-mail:info@synnex.co.jp
 
図1-2
Big Drivesに対応しているPROMISE TECHNOLOGYのUltra ATA/133インターフェースカード「Ultra133 TX2」(実売価格7,000円前後)
(株)シネックス E-mail:info@synnex.co.jp

 また、例に挙げた「GA-6OXET」を含め、マザーボードによっては、最新のBIOSを導入することで、137GB以上のHDDを使用してWindows XP、2000をセットアップすることが可能です。この場合、Cドライブとして使用することができます。このことに各製品が対応しているかどうかは、お手持ちのマザーボードのメーカーに問い合わせてみてください。

 

 BIOSが対応していないチップセットを使用したマザーボードに関しては、残念ながら137GB以上を認識することはできません。このような場合は「Big Drives」と呼ばれる137GBの壁を解消するための技術に対応したPROMISE TECHNOLOGYの「Ultra133 TX2」などのインターフェースカードを使用することで、問題を解決することができます。なお、このBig Drivesは、ATA/ATAPI-6と呼ばれる次期ATA規格に正式に盛り込まれる予定になっています。

 

 

 それではここで、なぜ137GB以上を認識できない「容量の壁」が生じたのか、もう少し詳しく説明してみましょう。

 HDDの記憶領域は、ソフトウェア上からセクタという単位で管理され、特定のセクタを指定するには、そのセクタを示す番号、すなわちセクタアドレスを使用します。もともとIDEのHDDでは、CHS(Cylinder、Head、Sectorの略)の三つのパラメータを使ってディスクにアクセスする方法を使っており、現在のIDEのHDDでは、HDD全体で順番に割り振られた番号を指定して、HDD側で実際のCHSに変換してアクセスするLBA(Logical Block Address)と呼ばれる方法を使っています。実は137GB以上のHDD容量を認識できない容量の壁は、このアクセス方法に原因があるのです。

図1-3 HDDの構造
HDDは、ディスクの同心円状のトラックの中にあるセクタ(Sector)にヘッド(Head)がアクセスして、データの読み書きを行なう。シリンダ(Cylinder)とは、ヘッドを移動させずにデータの読み書きが行なえる一連のトラックを指す。HDDは容量によって、ディスクの表と裏を使用するため、図のように表裏を使用した二枚のディスクの場合、一つのシリンダは、四つのトラックで構成されていることになる。ちなみにHDDのアクセス方法の一つであるCHSはこれら三つのパラメータを使用したもの

 現在、一般に広く使用されているLBAは、28bitのアドレス指定方式を採用しており、1セクタの容量が512byteに固定されているPC用HDDにおいて認識できる最大容量は

512byte×228=137,438,953,472byte(約137GB

になります。このように、現行のIDEのデータ転送規格であるATA100規格(ATA/ATAPI-5)では137GBを超える容量のHDDを認識するようにはできておらず、現在市販されているPCの多くはこのATA規格に従ったものです。

 しかし、Big Drivesの場合、48bitのアドレス指定方式を採用しているため、認識できるHDDの容量は、従来の制限の約100万倍となり、

512byte×248=144,115,188,075,855,872byte
          (約144PB:ペタバイト、1PB=1,000TB=1,000,000GB)

までを認識することが可能になっています。これならば、当分の間、IDE HDDのLBAが容量の壁になることはないでしょう。

 そのほか、WindowsなどのOSのファイルシステムによる2.2TB(テラバイト)の「容量の壁」が存在します。これは、Windowsが、32bitアドレスを使用しているために起こる問題ですが、こちらもしばらくは問題にならないでしょう。

(Ta 152H-1)

[HOME][MENU][NEXT]